あなたのお腹の赤ちゃんは正常ですか?

妊娠中にどうして喫煙してはいけないのか。

みなさまこんにちは。

 

妊娠中にどうして喫煙してはいけないのか?

 

そんなの常識、理由云々関係なく、ダメなものはダメなのだから、四の五の言わずに止めなさい!!

 

と、こういうのが普通の会話になっていますよね。正直、私もそう思います。しかし、その反面、妊娠前に喫煙していてやめるのがとても大変という話を聞くと、タバコの怖さというか、依存性の高さを痛感します。これを男性の禁煙に例えて考えれば、どれだけ大変なのか想像できることだと思うのです。

 

ここでは、そんなどうしてもタバコがやめられないで苦労しているママさんに、その理由を明確にお伝えできるように、分かりやすく紹介したいと思います。妊娠中のママさんだけでなく、その周囲の人も是非読んでいただきたいと思います。

 

妊娠中の喫煙の害

妊娠中の喫煙が招くリスクには、切迫早産・前期破水・常位胎盤早期剥離などを引き起こしやすくなるということなのです。

 

また、妊娠中のママの喫煙、出産後の赤ちゃんのそばでの喫煙には、乳幼児突然死症候群との因果関係すら指摘されているのです。

 

それだけ、喫煙の影響は深刻だという事です。妊娠中のママだけでなく、お父さん、周囲の人全員が喫煙による子どもへの害を防ぐようにしなければいけません。

 

私が妊娠中に参加した勉強会で、喫煙したその手や服のままで赤ちゃんを触ったり抱っこするだけでも悪影響がある事を教えて頂き、喫煙の怖さを再認識した事を思い出します。

 

妊娠している人にとって、ここからご紹介する内容は、恐怖を感じるかもしれません。しかし、その原因やそうならないためには何をすべきかを知っておくことで、未然に防ぐ事が可能になるかもしれません。

 

喫煙が及ぼす害/切迫早産

切迫早産とは、早産の一歩手前の状態。この段階では、まだ早産にまで至っていません。子宮が収縮を繰り返す事により、子宮口が開き、臨月未満の赤ちゃんが子宮の外に出そうになっている状態です。

 

喫煙が及ぼす害/前期破水

早期破水とは、まだ陣痛が始まっていないにも関わらず、子宮内の羊水が子宮の外に流れ出てしまう状態を指しています。これが早産を招く事がる他、羊水への細菌感染の危険も伴う怖い症状なのです。

 

早産のリスクもなんとしても避けなければいけないのですが、羊水の細菌感染には、お腹の赤ちゃんに病気への感染リスクが起きていると言う事なのです。

 

喫煙が及ぼす害/常位胎盤早期剥離

お腹の中の赤ちゃんは、ママのカラダから酸素・栄養をもらって生きています。その役割を担っているのが胎盤です。この胎盤が、まだ出産を迎える前にはがれてしまう事を常位胎盤早期剥離と呼び、母子共に危険な状態になる可能性の高いとても怖い症状です。発生頻度は1パーセント未満と低いながらも、喫煙がそのリスクを高くしています。

 

喫煙が及ぼす害/乳幼児突然死症候群

これは、睡眠中に何らかの原因で赤ちゃんが死亡するというとても怖い病気です。乳幼児突然死症候群は、健康な状態の赤ちゃんが、なんの前触れもなく死に至る病気。窒息の事故などとは明らかに異なる、病気での死亡なのです。

 

その原因は未だ解明されていませんが、喫煙がこの乳幼児突然死症候群のリスクを高くするとも言われているのです。

 

この乳幼児突然死症候群は、乳児期に亡くなる赤ちゃんの死亡原因の内、3番目に多い事例となっています。

 

喫煙が及ぼす害/考えられる原因

これは、タバコに含まれる「ニコチン」や、「一酸化炭素」が何らかの影響を与えていると考えらえています。これらには、血流の悪化・老化を促進するなど、健康上のリスクもあるのです。また、タバコには、約40種類の発ガン物質が含まれているとも言われています。

 

妊娠しているママやその周囲の人の喫煙は、直接的に、あるいは間接的にお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えているのです。これが、切迫早産を招く要因の一つとなっているのです。

 

尚、このリスクは、喫煙本数の多さに比例して高くなる傾向にあります。

 

妊娠中の禁煙

喫煙の習慣がある女性が妊娠を望む場合、計画的な妊娠であれば、その前に禁煙外来に行く・禁煙グッズで対処するなど、事前に禁煙しておくことも可能かもしれません。しかし、それ以外の妊娠の場合には、妊娠してから禁煙となってしまいます。

 

妊娠が判明した!!はい禁煙。

 

と、できればそれに越したことはありませんし、そうすべきだと思います。でも、分かっているのにどうしてもできない。そんな方もいると思います。

 

そんな時にはまずは担当医に相談しましょう。今は妊娠中に使用できる禁煙ガムもありますので、何らかの対処方法を提案してくれるかもしれません。

 

まとめ

もともと、喫煙の習慣がある人にとって、妊娠云々にかかわらず禁煙は難しいのでしょう。しかし、ご紹介したとおり、喫煙は赤ちゃんとママの命の問題と直結している事を忘れてはいけません。

 

禁煙をするかしないか?ではなく、どうやって禁煙をするのかという事を周囲と相談しながら禁煙を成功に導いてください。

妊娠に伴なうカラダの変化、今回は肌荒れ。妊娠したらニキビができた!!なんてお悩みのプレママもいらっしゃいますよね。

 

妊娠はママの肌にまで影響を与えるみたいです。それもそのはず。妊娠に伴なうカラダの変化はホルモンの影響なのですから。

 

では、諦めないといけないのか?あるいは、なにか効果的な対処方法があるのでしょうか?
今回は、妊娠に伴なう肌荒れの原因と対策についてご紹介したいと思います。

 

妊娠中のカラダの変化/肌荒れ

妊娠を知った時、わくわくドキドキ幸せな気持ちになりますよね。しかし、現実の妊娠生活に入ると、妊娠中のママのカラダには嬉しいだけではなく、吐き気や頭痛など辛い事もたくさん。その上肌荒れともなると、もう勘弁してくださいという心理にもなります。

 

そんな風にプレママを悩ませている肌荒れはどうして起こるのでしょうか?

 

妊娠中のカラダの変化/肌荒れの原因

妊娠初期に肌荒れが起きる原因ですが、これは妊娠中に大量に分泌されるプロゲステロンというホルモンの作用による影響と考えらえています。

 

妊娠による肌荒れ、何かに似ていませんか?これ、生理前の肌荒れに似ていますよね。それもそのはず。このプロゲステロンというホルモンは妊娠にも生理にも、どちらにも影響を与えているので、両方の症状はとても良く似ているのです。

 

妊娠中のカラダの変化/肌荒が始まる時期

妊娠による肌荒れが始まる時期ですが、妊娠超初期から初期にかけての、プロゲステロンの分泌が盛んになる時期に始まります。

 

この時期に始まる変化は肌荒れだけではありません。妊娠により引き起こされる変化の多くがこの妊娠超初期から初期には始まっているのです。では、いつ治まるのでしょうか?

 

一般的には、妊娠中期に入るころには、肌あれは治まるとされていて、その他の妊娠による体調の変化も落ち着く傾向にあります。

 

肌荒れも時期が来れば治まるはず、そう考えて、焦らずに見守る事も大切です。

 

妊娠中のカラダの変化/肌荒れへの対処法

(スキンケアを念入りに)
妊娠中は普段に比べてシミができやすくなっています。これもホルモンの影響。普段よりも少し念入りにスキンケアしましょう。

 

(UVケア)
帽子・UVクリームなどで対策をしっかりと行いましょう。

 

(水分や栄養素の補給)
つわりなどで食べ物がのどを通らず、栄養不足や偏りが生じた場合にも肌荒れを起こしやすくなります。また、水分不足も肌荒れや乾燥の原因に。可能な限り栄養分の豊富な食事を摂る事と、水分摂取を心がけましょう。もし、どうしても食べられないならは、サプリメントなどの活用も効果的です。

 

(ストレス)
妊娠生活の著しい変化に対応しきれずに、ストレスをためているプレママも少なくありません。そんなストレスも肌荒れを引き起こす原因となり得ます。ストレスが原因で眠りの質が低下しても、肌には良くありません。

 

直接的なお肌のケアも大切ですが、ストレスを上手に発散するなどの工夫も試してみてください。

 

《妊娠中の肌荒れ/プレママ達の体験談と対処方法》
(口の周りに…)
妊娠初期に始まった肌荒れ。私の場合は口の周囲にたくさんのニキビが出来ました。大きくて赤いニキビ。痛みも強くて泣きたくなりました。治っても次々に登場するので、普段通りにスキンケアしてやり過ごしました。中期に入ると徐々に治まっていきました。

 

(つやつやになった!!)
元々肌はごく普通。妊娠と共に肌は荒れる物と覚悟していたのですが、私の場合は逆につやつやに。周囲が驚くほどでした。そんな事があるのですね。

 

(ビタミンCですね)
妊娠初期からの肌荒れが怖くて、最初からサプリメントを常用しました。お陰で?肌荒れ知らずでした。

 

(最悪でした)
私は妊娠悪阻のせいで、肌荒れがひどく、また普段のスキンケアにも反応するほどに肌が過敏になり、どうする事も出来ませんでした。妊娠中のケアは諦めて、せめて日焼け対策はしようと考え、帽子は手放せませんでした。

 

(スキンケアを変えました)
普段は肌荒れ知らずだったのですが、妊娠とともにニキビ・乾燥などが始まりました。最初は普段のスキンケアで対処していたのですが、全く効果を感じなかったので、スキンケアアイテムを専用の物にチェンジ。これがよかったのか、妊娠中期に入ったからか、急に治りました。

 

(悟りの境地に…)
妊娠初期から肌荒れが。参ったなと思い医師に相談したところ、気にしなくても、そのうち良くなるからね。と笑顔で言われ、なんとなく気が楽になりました。以来ににせず生活していたら知らない間に本当に治っていました。

 

まとめ

妊娠中の悩みはつきないのがプレママですね。肌荒れには痛みも伴う事がありますので、余計にストレスになってしまいますよね。

 

多くの場合、中期には治まると聞くとほんの少し気が楽になりますよね。

 

肌荒れが気になる人は、ケアアイテムを変えてみる・肌に良い食べ物を食べるというのも良い方法だと思います。お悩みの方はお試しくださいね。

続きを読む≫ 2016/12/29 17:21:29

みなさまこんにちは。

 

妊娠中のママの生活、楽しい事も・ちょっと大変な事も、全部含めて妊娠生活なのですね。ママであってもオンナ。自分の身だしなみやケアも気になるところですよね。

 

今日は、そんなママ達のために、妊娠線が出来る理由と、ケアの方法についてご紹介したいと思います。

 

妊娠線はなぜできる?そのケアの方法は?

妊娠が判明すると、途端にママの生活は一変します。出産に備えて起こるカラダの変化や環境の変化などなど。

 

その中でも、目に見えて変化するのがママのカラダ。少しずつ大きくなるお腹を見て、赤ちゃんの存在を感じ、幸せな気持ちに包まれますよね。

 

でも、やっぱり気になるのが、カラダに出てくる妊娠線ではないでしょうか?妊娠したのだから、これも当然。でも、出来る物なら何とか避けたいのも正直なオンナ心ですよね。でも、どうすればよいのか?始めての妊娠であれば尚更どうしてよいのか分かりませんよね。

 

妊娠線のメカニズム

妊娠線が出来る時期

個人差はあるものの、早い人ならお腹が目立ち始める妊娠5か月ごろ、この妊娠線がカラダに現れます。もう少し月数が進み、妊娠6〜7ヶ月にもなると、妊婦さんの半数近くに妊娠線が現れると言われています。

 

妊娠線とはどんな物?

最初は比較的きれいな薄ピンク色。しかし、だんだんと色素沈着を起こし、多くの場合、紫がかった色に変化します。

 

その形状は、数ミリ程度の幅に、数センチ程度の長さ。これも個人差がありますが、実際にカラダにできると、とても大きく感じるとう意見が多数を占めています。少ない人では数本程度、多い人になるとこれが体の至るところに現れるのです。

 

どこにできるの?

妊娠前に妊娠線と聞くと、大きくなるお腹とその周囲にだけできると考えがちなのですが、実際にはお腹以外にも、バスト・ヒップ・太もも・二の腕・ふくらはぎにまで妊娠線ができたという事例もあるのです。

 

どうしてできるの?

妊娠線ができる原因は、急激な体重の増加に伴う皮膚の急激な伸びによるものと、ホルモンの影響だと言われています。

 

まず、皮膚の急激な伸びについて。妊娠中に急激に増加した体重によって、お腹はもちろん、バスト・ヒップ・太もも・二の腕・ふくらはぎなどの部分も急激に大きくなる事があるのです。

 

この急激な変化に、皮膚の表面は対応できるのですが、その下にある真皮などについては、急激な変化に対応できずに断裂を起こします。これが妊娠線の正体です。

 

もうひとつの原因として、ホルモンの影響が考えられます。妊娠中に増加するコルチコステロイドというホルモンの影響で、肌の弾力は失われます。肌にとって弾力が失われるという事は、肌そのものが弱くなっている状態。そこに急激な体重増加が加わって、皮下での断裂がおこり、これが妊娠線となって表れるのです。

 

一度できた妊娠線は消えないの?

出産後、少しずつ目立たなくなることはありますが、残念ながら一度できてしまった妊娠線は、消える事はありません。皮下で起こった断裂は、ケガなどで傷ついた皮膚が修復するみたいには元には戻れないのです。

 

妊娠線の予防とケアの方法

まず、大切なのが出来るだけ妊娠線が出来ないような工夫をする事。ではどういう方法があるのでしょうか?

 

体重コントロール

まずは体重のコントロールを心がけましょう。妊娠線が出来る原因の一つは急激な体重の増加による皮下組織の断裂です。出来るだけ緩やかな体重の増加となるよう食事のコントロールなどを心がけましょう。

 

お肌のお手入れ

以前はほとんどの人が諦めていた妊娠線ですが、ケア次第では防いだり、減らす事への期待が高まった昨今、多数のアイテムが登場しています。主なアイテムは肌の保湿・弾力を保つクリームやオイルなどです。こういったアイテムを活用し、肌に潤いを与えることで妊娠線を出来にくくする事もあるのです。

 

妊娠線を防ぐためには、出来る限り早めのケアがオススメです。遅くとも妊娠線が現われ始める妊娠5カ月に入る前には肌のケアを始めましょう。

 

>http://premama-check.com/

 

妊娠線サイン

妊娠線が出来る前、お肌にはかゆみやかさつきのサインが現れます。妊娠が判明したのと同時に、毎日全身にくまなくクリームを塗る、これが一番の方法なのですが、実際にはそこまではできないというのが普通の事だと思います。ならば、せめてこのサインを見逃すことなく、かゆみ・かさつきを感じた部分にケアアイテムを塗る事をお忘れなく。

 

アイテム選びの注意点

妊娠中のママのカラダは想像以上にセンシティブになっています。ちょっとしたニオイなどが体調の悪化につながる事も。ケアアイテムを選ぶ時には、好きな香りを選ぶ・無香料の物にする等、体調と相談しながら選択しましょう。

 

まとめ

妊娠線をどうするか?自然に任せる?しっかりケアして防ぎたい?どちらを選択するのもママの自由です。ただ、ケアしておけばよかったと、後で悲しい思いにならないように、良く考えて、ケアするか自然に任せるかを決めましょう。

続きを読む≫ 2016/12/23 19:16:23