妊娠線が出来る理由と対処方法

妊娠線が出来る理由と対処方法

みなさまこんにちは。

 

妊娠中のママの生活、楽しい事も・ちょっと大変な事も、全部含めて妊娠生活なのですね。ママであってもオンナ。自分の身だしなみやケアも気になるところですよね。

 

今日は、そんなママ達のために、妊娠線が出来る理由と、ケアの方法についてご紹介したいと思います。

 

妊娠線はなぜできる?そのケアの方法は?

妊娠が判明すると、途端にママの生活は一変します。出産に備えて起こるカラダの変化や環境の変化などなど。

 

その中でも、目に見えて変化するのがママのカラダ。少しずつ大きくなるお腹を見て、赤ちゃんの存在を感じ、幸せな気持ちに包まれますよね。

 

でも、やっぱり気になるのが、カラダに出てくる妊娠線ではないでしょうか?妊娠したのだから、これも当然。でも、出来る物なら何とか避けたいのも正直なオンナ心ですよね。でも、どうすればよいのか?始めての妊娠であれば尚更どうしてよいのか分かりませんよね。

 

妊娠線のメカニズム

妊娠線が出来る時期

個人差はあるものの、早い人ならお腹が目立ち始める妊娠5か月ごろ、この妊娠線がカラダに現れます。もう少し月数が進み、妊娠6〜7ヶ月にもなると、妊婦さんの半数近くに妊娠線が現れると言われています。

 

妊娠線とはどんな物?

最初は比較的きれいな薄ピンク色。しかし、だんだんと色素沈着を起こし、多くの場合、紫がかった色に変化します。

 

その形状は、数ミリ程度の幅に、数センチ程度の長さ。これも個人差がありますが、実際にカラダにできると、とても大きく感じるとう意見が多数を占めています。少ない人では数本程度、多い人になるとこれが体の至るところに現れるのです。

 

どこにできるの?

妊娠前に妊娠線と聞くと、大きくなるお腹とその周囲にだけできると考えがちなのですが、実際にはお腹以外にも、バスト・ヒップ・太もも・二の腕・ふくらはぎにまで妊娠線ができたという事例もあるのです。

 

どうしてできるの?

妊娠線ができる原因は、急激な体重の増加に伴う皮膚の急激な伸びによるものと、ホルモンの影響だと言われています。

 

まず、皮膚の急激な伸びについて。妊娠中に急激に増加した体重によって、お腹はもちろん、バスト・ヒップ・太もも・二の腕・ふくらはぎなどの部分も急激に大きくなる事があるのです。

 

この急激な変化に、皮膚の表面は対応できるのですが、その下にある真皮などについては、急激な変化に対応できずに断裂を起こします。これが妊娠線の正体です。

 

もうひとつの原因として、ホルモンの影響が考えられます。妊娠中に増加するコルチコステロイドというホルモンの影響で、肌の弾力は失われます。肌にとって弾力が失われるという事は、肌そのものが弱くなっている状態。そこに急激な体重増加が加わって、皮下での断裂がおこり、これが妊娠線となって表れるのです。

 

一度できた妊娠線は消えないの?

出産後、少しずつ目立たなくなることはありますが、残念ながら一度できてしまった妊娠線は、消える事はありません。皮下で起こった断裂は、ケガなどで傷ついた皮膚が修復するみたいには元には戻れないのです。

 

妊娠線の予防とケアの方法

まず、大切なのが出来るだけ妊娠線が出来ないような工夫をする事。ではどういう方法があるのでしょうか?

 

体重コントロール

まずは体重のコントロールを心がけましょう。妊娠線が出来る原因の一つは急激な体重の増加による皮下組織の断裂です。出来るだけ緩やかな体重の増加となるよう食事のコントロールなどを心がけましょう。

 

お肌のお手入れ

以前はほとんどの人が諦めていた妊娠線ですが、ケア次第では防いだり、減らす事への期待が高まった昨今、多数のアイテムが登場しています。主なアイテムは肌の保湿・弾力を保つクリームやオイルなどです。こういったアイテムを活用し、肌に潤いを与えることで妊娠線を出来にくくする事もあるのです。

 

妊娠線を防ぐためには、出来る限り早めのケアがオススメです。遅くとも妊娠線が現われ始める妊娠5カ月に入る前には肌のケアを始めましょう。

 

>http://premama-check.com/

 

妊娠線サイン

妊娠線が出来る前、お肌にはかゆみやかさつきのサインが現れます。妊娠が判明したのと同時に、毎日全身にくまなくクリームを塗る、これが一番の方法なのですが、実際にはそこまではできないというのが普通の事だと思います。ならば、せめてこのサインを見逃すことなく、かゆみ・かさつきを感じた部分にケアアイテムを塗る事をお忘れなく。

 

アイテム選びの注意点

妊娠中のママのカラダは想像以上にセンシティブになっています。ちょっとしたニオイなどが体調の悪化につながる事も。ケアアイテムを選ぶ時には、好きな香りを選ぶ・無香料の物にする等、体調と相談しながら選択しましょう。

 

まとめ

妊娠線をどうするか?自然に任せる?しっかりケアして防ぎたい?どちらを選択するのもママの自由です。ただ、ケアしておけばよかったと、後で悲しい思いにならないように、良く考えて、ケアするか自然に任せるかを決めましょう。